Daily Archives: 2011年7月9日

日本の通信キャリアがスマートフォンで失敗したこと


ケータイ(もちろんフィーチャーフォン)の液晶に空気が入ってしまったようなので、久しぶりにdocomoショップに行って愕然としました。

普段、キャリアショップに行くことってなくて、ケータイが並んでいるのは、量販店でした見ていなかったのですが、キャリアオフィシャルのdocomoショップなのに、フィーチャーフォン(欧米かぶれな方は、この文字をガラケーと読み替えてください)の実機が殆ど置いていない。カタログもスマートフォン版しかない。もう、ドコモは、売る気がないのか。

もう、1年以上今のケータイ(N-07B amadana)を使っているんだけど、機能についての不満は一切ないんだけど、反応が遅くて、大げさに言うと、キーを連打してちょっと待つとあ→い→う→え→おと変わる感じなので、このタイミングで買い替えてもなあという感じだったのですが、らくらくフォン以外のフィーチャーフォンの展示が数える程しかない。

フィーチャーフォンの展示が殆どない反面、android搭載端末用には、椅子とデスクまで用意して、試せるようになっている。BlackBerryでさえ、Bold9780とCurve9300のそれぞれのコーナーを用意。

まあ、BlackBerryはある種完成しているし、フィーチャーフォンの代替品(関係ないけど最近「だいがえ」って読んでいる人をよく見かけるんだけど、注意していいのやら)には成り得ない別物だから、良いとして、未完成の商品であるアンドロイドOS搭載端末をあたかもフィーチャーフォンの代替商品、もしくは進化型の商品であるかのように、今の時期に売っているのは、時期尚早じゃないかなと思うんですが、どうなんでしょう。リテラシーの高い人とか、エンジニアとかは、別に説明いらないからいいと思うんだけど、ケータイの文法で育ってきた一般ユーザをアンドロイドOS搭載のスマートフォンに説明なしにってのは、顧客つぶしになっちゃうよ。

はじめは、素のままのスマートフォンを発売して、これは今までのフィーチャーフォンとは違いますよって感じにしておいて、今のタイミングで、Xperia acroみたいに、ちょっとだけまともに動くようになったXperiaにワンセグとかFelicaとか赤外線ポートつけて、ほら、日本のケータイ仕様って言ったり、SoftBankのAQUOS PHONE THE HYBRID 007SHとかauのIS11SHみたいに、見た目の形を従来のフィーチャーフォンの形にしたアンドロイドOS搭載スマートフォンを出したりと迷走中ですが、これが一番の大失敗だと”僕は”思います。

フィーチャーフォンにしかなかったハード機能ついていて、インターフェイスをフィーチャーフォンのままにしたアンドロイドOS搭載機ってところまではいいんだけど、見た目がフィーチャーフォンなのに、フィーチャーフォンで当たり前だった機能がないっていうのは、ユーザを混乱させるか、今まで、キャリア課金で育ててきたコンテンツ市場を潰すことになりそうです。

見た目は、フィーチャーフォンで今までの機能は全部使えて、さらに、アンドロイドOS専用のアプリ「も」使えるよって感じにみえるけど、共通なのはハードのみ。

海外で売っているアンドロイドOS搭載スマートフォンだけど、ワンセグとかフェリカとかのオプションハードだけがついた日本向け別注版ですよって売り方だったらまだよかったのに。

各キャリアのスマートフォン失敗の一番の原因は、まず、UIDを吐き出さなかったこと。(WiFi問題とか別の問題は置いといて)で、公式サイトの引き継ぎ先を作らなかったこと。この2つ。

上記を準備してから、発売して、今になって、フィーチャーフォン型のandroidOS機だったり、フェリカが搭載された端末だったりすれば、よかったのに、残念です。

夏野さんが、ドコモの一番の失敗は、iモードをスマートフォンに入れなかったことだと再三おっしゃってましたが、まさにその通り。結局、SPモードとiモード統合になりましたが。

一度始めたサービスであれば、連続させないといけない。日本以外の他の国がどうだとか、グローバリゼーションがどうのとかじゃなくて。公式メニューがあって、だれでも使えるキャリア課金があって、パソコン通信のようなクローズドな状態である程度安全が保証されたサイトしかないエリアがあるって状態を10年以上ユーザに提供してきたんだから、そこからの連続性を分断するには、よっぽどの大きな理由が必要だけど、そんな大きな理由がないんですよね。iPhoneが独り勝ちしだして、焦って、とりあえずアンドロイド搭載機売ってみたってだけじゃ、理由にはならない。

スマートフォンは、ケータイとは別物ですよって売り方を徹底していたら、全員2台持ちって時代が来て、そこではじめてハイブリッドな端末だしたら、よかったんだと思います。

iPhoneだって、当初は、2台持ちの大人ばっかりでしたから。今でも、iPhone(Softbank回線)1台もちじゃ、電話としては頼りなさ過ぎて、電話を頻繁に使う大人には無理だから。

ちなみに、google checkoutとか、apple課金だの、paypalだの言っている海の向こうでは、コンバージョンが非常に高い決済手段としてキャリア課金が注目されだしています。(どこかで聞いたことがあります。)そう、欧米が進んでいて、日本が遅れているという考え方、そろそろ見直したほうが・・・。

はい。これは、もちろん、僕の個人的意見です。僕が関わっている会社とかは、全く関係ありません。