仕事が嫌にならないための方法を考えるの巻

仕事が嫌にならないための方法

若い方から、やりたいことがわからないという言葉を聞く機会が多い。

どんな仕事がしたいとか、5年後、10年後、わからなければ、3年後でもいい、どうなっていたいかって、希望もないというのだからビックリする。予測じゃなくて、希望ですよ。

やりたい仕事がわからないという若者に、初老の零細企業社長ができるアドバイスはこれくらいしかない。

最近、採用活動をずっとしていたので、仕事選びのための本とか買って読んでみたんだけど、やっぱり、本には答えそのものはないよね。

もちろん、先人の知恵の集大成だから、ヒントにはなるけど、人はそれぞれ違うし、違うから面白いんだもの。

好きな仕事を見つけるのは大変だけど、仕事に関係なく、好きなこと、好きなもの、好きな人はいる。そのどれかに関わることを仕事にしてしまえばいい。

好きな人と仕事をする。これはひとつの答えだ。
この人と働きたいという理由で、その会社に入る。

好きなものを作っている会社、それらを扱っている会社に入るというももう一つの答えだと思う。

でも、一番おすすめなのは、好きなコトに関わる仕事を作ってしまうということ。もっというと、それを自分の好きな人達(同じ思いを持つ友達とか仲間)とやればいい。

自分の不得手な部分は、仲間の誰かにやってもらえば、苦労は減る。

不得手を克服するより、自分の不得手を得意としている仲間を見つければ、自分は、得意なことを最大限できる。

好きなことに向かって、それぞれが得意なことを最大限やれば、ストレスもなく、仕事ができる。

仲間集めて、みんなで会社建てたら、就職活動とかもしなくていい。

社長もどこまでいっても、仕事の種類でしかないから、誰かやれそうな人がやればいいと思う。だから、みんなが社長じゃなくても、みんなで会社やればおんなじだと思う。

好きなことに関わるんだから、かなりのところまで、苦労も耐えられるし、なにより、毎日が楽しい。

僕みたいなダメ人間だと、お金のために好きじゃないことをやり続けるなんて、耐えられないし、やりたいことがわからないなんて言っている人には、おそらく、お金のために好きじゃない仕事なんて続かないんじゃないかな。

ひとつだけデメリットっぽい部分があるとすれば、うまくいかないリスクだけど、そんなの他の人が経営している大企業だって、同じリスクを負っている。大企業が潰れないってのは、都市伝説でしかない。西武だってカネボウだって、バブル期とかは、だれがああなると思った?

知らない偉い人達の判断で、失敗するより、自分たちでリスクはったほうが、結果に対して納得できる。

だめかなあ?
すごく、簡単な話なんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.