2台持ちのための従来型ケータイを作り続けるビジネスはアリだと思うんだがの巻

 

 

どこの通信会社もスマホ以外のケータイ(従来型携帯電話)を出してくれないので、次回電話を買い換えるときには、どうすればいいのか不安で仕方がない。インターネット端末としてのiPhoneとかiPadの他に、電話用の端末を別に契約していいよって言ってる顧客に対して、次の選択肢を提示しないというのはいかがなものか。電話用の端末として、折りたたみ、ストレート、スライドの3機種でよいから、作り続けてはくれまいか。

今の機能から一切進化しなくてよいので。

フィーチャーフォンを作りつづける会社を建ちあげたら、もしかしたら、意外と行けるんじゃないかと思うんだが、これから起業する方、是非。

応援したいっていうおっさんは、僕も含め、僕の周りには多いと思う。割と資金も集まるんじゃないかと本気で思うんですが。2台持ちの電話担当の端末。機能じゃなくて、デザイン重視で多少高くても、買い替えサイクルが長いので構わない。2台持ちのおっさん向けだし。

たとえば、2年前の機種だけど、Xperia Purenessみたいのとか復刻してiモード端末で出しますとか、KICK STARTERとかCAMP FIREとか購買型クラウドファンディングで、10万の出資で1台お届けしますとかやったら、結構売れると思う。たのみこむみたいになっちゃうから、ちゃんとメーカーとかキャリア(たぶん、ドコモがいいと思うんだよね)と話した上で実現性担保してやらないといけないとは思うけど。

いかがでしょう?ニーズあると思うんだけどなあ。

おそらく可処分所得多めの人たちがターゲットでニッチだけど、ビジネスチャンスだとは思う。いくらかかるんだろ。試算してみるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.