Category Archives: デジタルな何か

哈日族の国、台湾のサブスクリプションサービス、KKBOXを日本で使って考えたこと

たまには、ブログを更新。ほとんど更新せずなので、読んでいる人が少ない。少ないから、いいだろってことで更新しないという悪循環。

もう一つの趣味でやってる電脳系ブログは、月1更新もしていないのに、月間ユニークユーザの桁が2つも多い5桁。ってことは、このブログは、つまんないってことなんでしょうかね。

ま、めげずに、無理せず、気まぐれにやります。

一昨日まで実は台湾におりまして。この1年間で、4回目の台湾です。

普段、日本では、イギリス版のSpotifyを使っているのですが、洋楽の品揃えはなかなかなのですが、(ビートルズとかはないですけど)、なんとも邦楽がすっかすか。
で、以前、入会しておいた台湾のサブスクリプションサービスKKBOXの更新をしました。少し偏りはありますが、それなりに品揃えはあります。

以前は、日本のApp Storeからでも無料Appがダウンロードできて、ゴニョゴニョすると、PayPalで払えたりしたので、入会していたのですが、さすがに大人の事情があって、日本から会員期限を更新したり、いろいろできなくなって期限切れになったままでした。

折角、台湾に来たので、期限切れになっていたKKBOXの会費を半年分をファミポートで支払ってきました。(半年もあれば、また台北行くだろうし)NT$894=2500円くらい。ひと月NT$149=407円。安い。

これで、聴き放題。
iPhoneアプリは、なんと、日本語対応。たまにおかしな日本語、「サウンドらトラック」とかあるけど、概ね日本語です。

洋楽の品揃えもかなりなんですが、なんといっても、邦楽カテゴリーがあるくらいあります。
さすが、哈日族の国。(僕は、台湾を国と認める立場なので、地域とか言いません。)

ジャンルの中にも、中国語、洋楽に続いて邦楽と分かれています。その次が韓国語、台湾語と続きます。

ちなみに、今日時点での邦楽のTOP10は、

1位 Story Che’Nelle
2位 PAPARAZI 少女時代
3位 First Love 宇多田ヒカル
4位 Mr.Taxi 少女時代
5位 Believe Che’Nelle
6位 そばにいるね 青山テルマ
7位 会いたくて 西野カナ
8位 ALL MY LOVE IS FOR YOU 少女時代
9位 明日世界が終わるなら 中島美嘉
10位 The Beginning ONE OK ROCK

少女時代は、日本語歌詞は、邦楽にカテゴライズされているようです。

音質も、CDからのリッピング、Spotifyと同楽曲で聴き比べましたが、全く遜色なし。
iOSもAndroidもWindowsもMacも、台湾らしくWindows Phoneでも、専用ソフトでマルチデバイスで3台まで聴くことができます。複数デバイスで同一アカウントで同時に聴くことはできません。(同時ログインすると、ちょっと時間が経ってから、片方がログアウトさせられます。)

楽曲数に限度がありますが、ローカルにキャッシュすることもできる(SpotifyでいうAvailable offlineと同じ)ので、飛行機の中とかで聴くこともできます。(実際帰りの飛行機で聴けました。)

日本に帰ってきて、聴けなくなってたらどうしようと思ったけど、iPhoneでも、Macでも、Windowsでも普通に聴けてます。

1ユーザとしていうと、本当に言うことなし。大満足。これで、1ヶ月400円だもの。

なんですが・・・。

便利だし、1ユーザとしては満足だけど、音楽業界の末席で商売して飯食ってる人間としては、こりゃ、最終破壊兵器です。

日本国内のサブスクリプションサービスが、音が悪かったり、品揃えが悪かったり、インターフェイスが悪かったりするお陰で、日本では、ほとんどの方が、結局サブスクリプションなんてさ!って失望しているのはむしろ救いなのかもしれないと思います。

こりゃ、曲ごとでは買わないですね。
サブスクリプションサービスは、楽曲の購入意欲を喚起するとか、日本は遅れてるとか言ってる人もいるけど、冷静に考えて、普通に考えたら買わない。ダウンロード購入するとしても、KKBOXにあるものは、ここで聴いて、ここにないものを買うでしょ。KKBOXの会員になっていて、いつでも聴けるのに、なんで買う必要があるのか?答えはありません。

そんな中、自分が権利元(レーベル)だとしたら、今後どうするだろうかを考えます。
こういう質問が来ることが増えると想定されるから。

ずっと聴けることが保証されているわけじゃないけど、配信されている間は、いつでも聴ける。
→だったら、ユーザはKKBOXでの配信がストップしたタイミングで購入すればいいと思う。=KKBOXで配信されている間は買わない
→レーベルは、公開している楽曲の配信を意図的に停止するという運用をした方がよい。

より多くのレーベルがより多くの楽曲をKKBOXで配信してくれるようになったら、ここに参加しない大物楽曲の購入に資金が集中するってのはあり得る。
→人気楽曲、大物アーティストは、参加しないでいて、参加しないスタンスだということを知らしめれば、他の楽曲は、KKBOXで聴くけど、○○(アーティスト名)は、KKBOXでは聴けないから、買うしかないよねーってなるんじゃないでしょうか。

あと、KKBOX、品揃えはそこそこなのに、レコメンドがかなりPoor。今、それ押すんだったらさあ、という感じが。これは、レーベル側がプッシュできていないこともあるんでしょう。明らかに情報不足なんだろうなと感じさせます。

一方で、もはや、ダウンロード販売されなくても、本当に儲かる仕組みがあれば問題は解決しちゃうんじゃないかって考えもあります。

今の仕組みだと、会費の総収入の一定割合(大概半分)を再生回数に応じて分配するってことなので、リーズナブルだけど、KKBOXくらい市場を飽和させるぐらい普及しちゃうと、分配原資は、もはや固定されているのと同じ。その中で、各レーベルの再生回数で文字通り取り合うだけという仕組みになってしまいます。仮にKKBOXからの分配割合が半分とすると、全レーベルの取り分の総計=KKBOX1社の取り分ということに。KKBOXの取り分は、1社独占なので、安定。

どこかで何度も見た、プラットフォーマーが必ず勝つ仕組み。

レーベル側の取り分を安定させる唯一の方法は、レーベル毎にサブスクリプションの仕組みを作ることぢゃないでしょうか。これなら、会費は、再生回数にかかわらず、レーベルに残ります。レーベル毎にちゃんとカラーがあるところしか実現できないのですが。むしろ、インディーズとかで、特化しているところのほうがうまくいくかもしれません。

これは、ビジネスとして検討の価値がありそうです。うちは実際には、レーベルではないので、これを仕組みとしてレーベルに提供していくというモデルになりそうです。

KKBOXも、サブスクリプションってイメージが高いけど、実は、DRMフリーで売ってたりもするようです。320kbps m4a DRMフリー。KKBOX会員なら、最初のNT$100(=270円)
で20曲(1曲=NT$5=13円)みたいですが、21曲めからは、1曲、NT$19(=50円)だそうです。台湾のCDとかの比べても、21曲めからは、安くないです。

ということは、従量ダウンロードもやってますよっていうエクスキューズ?ってはじめ、思いましたが、冷静に考えれば、もはやエクスキューズするフェイズではないので、割と本気なのかもしれません。

KKBOXとしても、すでに台湾でのユーザ獲得は完全に取り切っているので、さらなる成長のためにある手段は2つしかありません。
ユーザ獲得の新天地を求めるか、既存会員のARPUを上げるかの2つ。

一つ目の選択肢は、香港への進出という形で進めています。本音は、結果的に世界最大の音楽市場を抱えることになってしまった日本なのでしょうけど、これはある種鎖国の結果ですから、安価なサブスクリプションを本気で開放したときには、今の規模の市場規模ではなくなるということが目に見えているのですが、1私企業としては、市場を破壊してでも、独り占めしたいはずではあります。

もう一つの選択肢が、この従量ダウンロードなのかもしれません。

KKBOXに入会して、日本で使う方法はさすがにこのブログでは書けないので、時間があるときにでも、趣味の方のブログに書きますので、そちらで。

TwitterやFacebookのデータを1枚のマップにできるイチオシ国産ライフログサービス「TRIPMETER」が優れている4つのポイントを勝手にまとめてみたの巻

人にこの時間にここにいましたということを全部伝えるのはいやだけど、自分のライフログとして、正確にいつどこにいたのかを記録したいなあ。でも、Facebookとか、Instagramとかの公開してもいいチェック・インも一緒に管理したいし。

もはや自分で作るしかないのかとか思ってたら、結構ドンピシャのサービスと出会ってしまいました。

「TRIPMETER」というサービス。

簡単にいえば、Facebook,Instagram,twitter,Foursquare,ロケタッチと連携して、位置情報が入っている自分投稿を収集して移動の軌跡を一ヶ月前まで遡って、1日毎をまとめて地図化できるというサービスです。しかも、国産。

ここまでなら、今までもhttp://localley.com/ とか似たようなサービスはあったんだけど、この「TRIPMETER」は、従来のサービスとは違ういろんな工夫があります。

ということで、極私的に一方的に勝手に僕が気に入ったポイントを4つにまとめてみました。TRIPMETERのウェブサイトでは、いまいちこのポイントがプッシュされていないので、実は開発運営会社の意図はここにないのかもしれませんが。

1)自動で地図を勝手に生成するのではなく、1日毎に地図を生成する

公開情報を使って、自動で表示させるとかのサービスはよくあるんだけど、TRIPMETERは、地図の生成は、手動。
Facebookやtwitterなど、位置情報の公開先を使い分けている場合もあるので、チェックインポイントの採用非採用を手動で選択するという、本人が介在することができる。ただし、チェックインしていないものを後から追加することはできない。つまり、実際に行った場所のうち、地図に載せてもよい場所だけをつないで地図を作るという考え方。

2)ホームポジションというデフォルトポイントを設定できる

起点と終点については、よっぽど自分の帰宅時間とか、自宅を晒したい人以外は、通常Facebookやtwitter等のソーシャルサービスにチェックインすることは少ない。そこで、ホームポジションという、一日の始まりと終わりの場所を設定できる。

普段は自宅にしておくと、例えば、その1日の初めてのチェックインが9時に会社だとすると、そのチェックインの前までは、自宅にいた事にすることができる。自宅ー会社ー次のチェックインポイント・・・・・最後のチェックインポイントー自宅というようにする点。はじめと終わりのホームポジションは、しかも、このホームポジションを正確に表示するか、あいまいさ500m、1.5キロを選べる。ホームポジションは、自宅であることが多いので、公開する際の気遣いもある。

地図を作る際に、このホームポジションを変更することができるので、旅先ではホテルとかにすることもできる。起点と終点は、設定できるのは、共通な一箇所だが、ホームポジションを起点、終点に採用するかどうかは選択できるので、起点だけ自宅にすることとなども可能。旅行の初日などは、起点だけホームポジションの自宅を採用することになる。ただし、前述のとおり、チェックインしていないポイントを後から弄ることができるのは、このホームポジションだけなので、その日の終点は、正確にするのであれば、必ず終点にチェックインしておくことが必要となる。

3)今後のチェックインは、全て専用アプリ1本で可能。非公開チェックインもできる統合チェックイン機能を持ったiPhone用無料アプリ

Tripmeterは、iPhone用無料アプリを公開しているが、注目すべきは、チェックイン機能。連携しているFacebook,Foursquareを選択して、チェックインすることが可能なので、今後のチェックインは、このアプリで行うことが可能。その他に、Tripmeterにのみチェックインというのも選択できるのだが、これは、チェックイン時点では誰にも共有されない。移動の記録をするというためだけの目的でチェックインができる。

ただし、現状のTripmeterチェックインでは、FacebookやFoursquareのようにスポットの名称を選んだりすることができず、場所毎に自分でコメントを書き込む形だ。

4)1日のはじまりの時間を指定できる

なぜ、1日単位なのかはわからないのですが、指定された時間から24時間を対象にデータをインポートするので、朝からスタートして、朝帰りなんてライフスタイルの人など、それぞれの人の1日が地図にまとめられます。

どんな会社が作ってるんだろうと思って、運営会社の株式会社YAMAKOの会社概要を見てみたら、「旅行業界に特化した広告代理業、広告企画・制作」を主業務にされているところらしい。株式会社山敷広告制作所から2012年2月に社名変更したばかりのようです。旅行会社向けのウェブ制作とか、旅行ポータルへの一括入力支援システムの提供とか、インターネット広告とか。旅行業界向けに特化したインターネットソリューションの会社のようです。

リリースのよれば、

今後は「どのような手段で移動したのか」「どのような服装で移動したのか」といった移動にまつわる周辺情報も記録できるようにし、情報の集約やビジュアル化のみでなく、行動解析によるレコメンデーションなどの仕組み作りを進めてまいります。

他に、誘客を望む自治体や政府観光局、リテーラー等とのタイアップ企画を推し進め、PRに利用可能なメディアとしても訴求していきます。また、多言語化やブログパーツ等の新機能の提供を通じて、日本語圏、英語圏を中心に2012年度中に50万ユーザーの獲得を目指します。

うーむ、良いサービスなんですけど、折角ライフログになっているのに、そこ分析されて広告出されちゃうと・・・僕だったら、広告モデルじゃなくて、課金モデルにしてほしいんですが、どうやら、僕の求めている方向には行ってくれなさそうです。

とはいえ、良いサービスだと思いますし、2012度50万ユーザ目指すってことなんで、期待です。

TRIPMETER
http://tripmeter.me/

iTunesに入れてもタイトルが出てこないCDのお話。

iTunesでCDをマウントすると大抵の場合、タイトルとトラック名、アーティスト名が当たり前のようにでてくる。それがたとえ発売前の白盤であっても。

普及しなかったCD-TEXTは、このタイトルとかアーティスト名とかをCDに入れる規格だったんだけど、結局、インターネットが普及して、普通のCDとみんなの人力の組み合わせでなんとかなっちゃったってことなんだとおもう。

どんな仕組みになってるかっていうと、何のことはない、CDDBと呼ばれるデータベースに、誰かがiTunesにマウントしたときに打ち込んだメタ情報が、CDに収録されている各曲の曲の長さと一緒に送信されて蓄積されて、CD入れたときに、曲の長さの組み合わせが一致したものが表示されている。

欠点としては、全く、同じ曲の長さの組み合わせだと、同じものと認識されてしまうので、候補が複数あると選ばなければならなかったり、人がそれぞれ打ち込んだものだから、ごくまれに間違いがあったりするこの2点くらい。

前置きが長くなったけど、これによって、ほとんどのCDは、Mac(あるいはGatesマシーン)に入れてiTunesを立ち上げた瞬間にタイトルとかが表示されるということになっている。

で、久しぶりに表示されずに全部のトラックがトラック01、トラック02になってしまうCDがあったので、驚きました。

Serph Lovers Mix for TOWER RECORDS

タワレコ限定で、SerphのCDを買うと特典としてついてくるSerphのMix CDなので、それなりの枚数が出ているはずだし、誰もiTunesにマウントしたことないはずもないんだけど。

Mix CDで、どこにもトラックの説明がないから誰も打ち込んでないからなんだけど、CDのタイトルくらいだれか送ったりしなかったんですかね。
タイトルがわからないままだと、iTunesでも、iPhone上でもすごく不細工なので、どなたか正式なトラック名を入れて送信してくれないかな。

しかも、この特典Mix CD、結構、いいんです。選曲もかなりベタなので、仕事のBGMとかにかけておくのにちょうどよい感じです。
元のCDより、聴いてしまうくらい。

タワーレコード限定特典なので、興味がある方は、渋谷タワーレコードへGO。
Serphの対象アルバム買うと付いてきます。

ステッカーとかだと心動きませんが、ここまでの特典が付いてくると、わざわざその店舗で買おうって思います。ちなみにタワレコのオンラインだとこの特典は見当たりませんでした。こういう特典は大歓迎です。

日本は、世界で最もCDが売れている国。配信+パッケージをあわせた市場規模もトップですって話は、また別の機会に。
本当はこれを書こうと思ったんですが。

「重要でない電話が減る」ための電話呼び出し音を考えた。

ケータイは非常に便利です。

いつでも、どこでも、気になった瞬間に電話がかけられるというのは、非常に利便性が高い。

だから、大したようでもないのに電話をしてしまうことも多い。相手の都合とか考えずに。(よくやります)

で、かけるときはいいんですが、いざ、電話がかかってくる立場に自分がなると、もう、こんなことで、こんなときにかけてくんなよって、ただのわがままです。はい。

でも、海外に行ってたりすると、こういう電話ってかかった瞬間にまずいって思うらしく(時差とかあったら悪いから)かかった瞬間に切れたりする=重要でない要件の電話は減ったりします。

割と最近、海外の電話呼び出し音をRBT(リングバックトーン、ドコモならメロディコール、KDDIとソフトバンクモバイルなら待ちうた)にしている人は増えていて、僕の周りだと、結構な人たちの呼び出し音が海外の電話の呼び出し音になっています。

以前は、海外出張中ですか、すいません、みたいな方も多かったんですが、みなさん慣れてきたみたいなので、こんなの作ってみました。

音声合成です。mp3です。

クリックすると再生します。

ただのmp3なので、iOS以外の人は長押しすると保存できちゃいます。

きっと、電話減りますよ。

試しに、保存して電話口で再生すれば、留守電の呼び出し音声にしてみたらいかがでしょうか?

ところで、リングバックトーンに続いて、留守番電話のメッセージを有料でいろんなものに変えられるというサービスは、日本では提供できないんでしょうかね。結構、面白いネタ海外だといっぱいあるんですが。

待ちうたサイトでもやって、配信しようかな。

日本の通信キャリアがスマートフォンで失敗したこと


ケータイ(もちろんフィーチャーフォン)の液晶に空気が入ってしまったようなので、久しぶりにdocomoショップに行って愕然としました。

普段、キャリアショップに行くことってなくて、ケータイが並んでいるのは、量販店でした見ていなかったのですが、キャリアオフィシャルのdocomoショップなのに、フィーチャーフォン(欧米かぶれな方は、この文字をガラケーと読み替えてください)の実機が殆ど置いていない。カタログもスマートフォン版しかない。もう、ドコモは、売る気がないのか。

もう、1年以上今のケータイ(N-07B amadana)を使っているんだけど、機能についての不満は一切ないんだけど、反応が遅くて、大げさに言うと、キーを連打してちょっと待つとあ→い→う→え→おと変わる感じなので、このタイミングで買い替えてもなあという感じだったのですが、らくらくフォン以外のフィーチャーフォンの展示が数える程しかない。

フィーチャーフォンの展示が殆どない反面、android搭載端末用には、椅子とデスクまで用意して、試せるようになっている。BlackBerryでさえ、Bold9780とCurve9300のそれぞれのコーナーを用意。

まあ、BlackBerryはある種完成しているし、フィーチャーフォンの代替品(関係ないけど最近「だいがえ」って読んでいる人をよく見かけるんだけど、注意していいのやら)には成り得ない別物だから、良いとして、未完成の商品であるアンドロイドOS搭載端末をあたかもフィーチャーフォンの代替商品、もしくは進化型の商品であるかのように、今の時期に売っているのは、時期尚早じゃないかなと思うんですが、どうなんでしょう。リテラシーの高い人とか、エンジニアとかは、別に説明いらないからいいと思うんだけど、ケータイの文法で育ってきた一般ユーザをアンドロイドOS搭載のスマートフォンに説明なしにってのは、顧客つぶしになっちゃうよ。

はじめは、素のままのスマートフォンを発売して、これは今までのフィーチャーフォンとは違いますよって感じにしておいて、今のタイミングで、Xperia acroみたいに、ちょっとだけまともに動くようになったXperiaにワンセグとかFelicaとか赤外線ポートつけて、ほら、日本のケータイ仕様って言ったり、SoftBankのAQUOS PHONE THE HYBRID 007SHとかauのIS11SHみたいに、見た目の形を従来のフィーチャーフォンの形にしたアンドロイドOS搭載スマートフォンを出したりと迷走中ですが、これが一番の大失敗だと”僕は”思います。

フィーチャーフォンにしかなかったハード機能ついていて、インターフェイスをフィーチャーフォンのままにしたアンドロイドOS搭載機ってところまではいいんだけど、見た目がフィーチャーフォンなのに、フィーチャーフォンで当たり前だった機能がないっていうのは、ユーザを混乱させるか、今まで、キャリア課金で育ててきたコンテンツ市場を潰すことになりそうです。

見た目は、フィーチャーフォンで今までの機能は全部使えて、さらに、アンドロイドOS専用のアプリ「も」使えるよって感じにみえるけど、共通なのはハードのみ。

海外で売っているアンドロイドOS搭載スマートフォンだけど、ワンセグとかフェリカとかのオプションハードだけがついた日本向け別注版ですよって売り方だったらまだよかったのに。

各キャリアのスマートフォン失敗の一番の原因は、まず、UIDを吐き出さなかったこと。(WiFi問題とか別の問題は置いといて)で、公式サイトの引き継ぎ先を作らなかったこと。この2つ。

上記を準備してから、発売して、今になって、フィーチャーフォン型のandroidOS機だったり、フェリカが搭載された端末だったりすれば、よかったのに、残念です。

夏野さんが、ドコモの一番の失敗は、iモードをスマートフォンに入れなかったことだと再三おっしゃってましたが、まさにその通り。結局、SPモードとiモード統合になりましたが。

一度始めたサービスであれば、連続させないといけない。日本以外の他の国がどうだとか、グローバリゼーションがどうのとかじゃなくて。公式メニューがあって、だれでも使えるキャリア課金があって、パソコン通信のようなクローズドな状態である程度安全が保証されたサイトしかないエリアがあるって状態を10年以上ユーザに提供してきたんだから、そこからの連続性を分断するには、よっぽどの大きな理由が必要だけど、そんな大きな理由がないんですよね。iPhoneが独り勝ちしだして、焦って、とりあえずアンドロイド搭載機売ってみたってだけじゃ、理由にはならない。

スマートフォンは、ケータイとは別物ですよって売り方を徹底していたら、全員2台持ちって時代が来て、そこではじめてハイブリッドな端末だしたら、よかったんだと思います。

iPhoneだって、当初は、2台持ちの大人ばっかりでしたから。今でも、iPhone(Softbank回線)1台もちじゃ、電話としては頼りなさ過ぎて、電話を頻繁に使う大人には無理だから。

ちなみに、google checkoutとか、apple課金だの、paypalだの言っている海の向こうでは、コンバージョンが非常に高い決済手段としてキャリア課金が注目されだしています。(どこかで聞いたことがあります。)そう、欧米が進んでいて、日本が遅れているという考え方、そろそろ見直したほうが・・・。

はい。これは、もちろん、僕の個人的意見です。僕が関わっている会社とかは、全く関係ありません。